*--tatsuaiの2006年らんちゅう飼育日記--*
2006年のらんちゅう飼育記録です。


梅雨のような  2006/09/15(金)
途中経過  2006/08/22(火)
途中経過  2006/08/22(火)
失敗?  2006/08/15(火)
色分け?  2006/08/05(土)
種候補は・・・  2006/07/29(土)
ヒント?  2006/07/24(月)
褪色  2006/07/23(日)


梅雨のような

今年はやはり気温が低かった?
夏は短く9月に入り今週は梅雨のように雨が続きます。
1週間から10日で水替えを行っていますが、今週からは割水で水替えを行いだしました。

北陸筋の魚たちです。1ヶ月経過しましたが
1枚目の画像は北陸筋(面被り雌)×北陸筋(レグ様のところからの養子)の仔ですがタイプは両親には似ていないようです。頭も少しですが出てきているようです。

2枚目も同じ腹で小振りな仔を150匹で飼育している池の仔です。こちらはまだ頭は出ていないようですが骨格は分かると思います。

3枚目は福岡筋の雌魚×北陸筋の仔です。
この仔たちの兄弟には差しの仔が多くて親に残せるか微妙です。

4枚目は2枚目の中の1匹です。画像では分かりづらいのですがバランスは良く面白そうな魚です。
Date: 2006/09/15(金)


途中経過

1枚目は、本筋(頭の良く出た素赤)の仔です。への字の背で尾が硬く開きすぎの魚が多いようです。

2枚目と3枚目は北陸筋の仔です。
北陸筋の魚は3池(1池は更紗)に分けていますが、その内の2池からです。
1枚目は100匹、2枚目は150匹で飼育しています。

4枚目が150匹で飼育している池の中で期待しているタイプの魚です。
Date: 2006/08/22(火)


途中経過

先日他界した種筋の残してくれた当歳魚です。尾の構えは・・・考えないことにしています。
チョットピンボケですが・・・泳ぐのが早くて

2枚目は九州(福岡)の雌魚×北陸筋雄魚の仔です。尾が大きめ、紅赤系、背がへの字の魚が多いのが特徴です。

3枚目は本筋(雌雄とも更紗)の仔です。特徴は長手、硬い口、背が低いところです。大型になりそうなので数を多く残して小振りにしていますが、会向きの魚かも???

4枚目も本筋(素赤)の仔です。この子達も背は低いのですが・・・

1池から5匹を拾い上げてみましたが、種を目指しているので???中にはそうでない魚もいますが・・・途中経過兇紡海
Date: 2006/08/22(火)


失敗?

北陸筋の魚は
赤系統と更紗系統+褪色前に分けていました。
赤系統の魚には柔らかい?魚がかなりいたようで仕事で観察が不十分だったので給餌量が多すぎた。

失敗した魚です。こんな姿にしてしまい情けない。この魚は更紗池にいましたので顕著に表れていると思います。
更紗の魚は硬めなのか?さほど腹が気になりませんが・・・
でも給餌量が多そうです。2〜3枚目
素赤池で成長の遅い魚はこんな感じです。大きくなった魚を抜いていけば・・・
難しいですね。
Date: 2006/08/15(火)


色分け?

褪色も進みましたので、昨日の水替えでは色で分けました。

赤の魚とその他(更紗、白、未だ黒)の魚で分けました。

一つ気付いたのですが、特に奇形でもないのに他の魚より小振りな魚がいます。良く観ると背は低く抑えられていて良さそうです。
春の弐歳会で聞いた話ですと大きくなるのは鮒に戻りつつあるので『大きい魚から撥ねる』と言うことらしいのです。今年は詰めて飼育していたので、意味が分かりかけたような気がします。気がするだけですが・・・
小振りな魚は餌が採り難く、そのためからか本来の姿を維持していられるのだと思われます。それなら大きくなった魚から除いてやれば良い訳で成長は遅いが無理な飼育による崩れも無いわけですネ。

更紗の池にはこんな魚がいます。鰹節のような禿ですが池の中では目立ちます。池の中では中寸です。

会用の魚なのかそれとも待望の種魚なのか・・・
1枚目が上観で、2枚目が横です。寸が短いのでなんとも判断が難しい所です。
Date: 2006/08/05(土)


種候補は・・・

今朝、褪色を終え赤系統と思われる魚31匹を拾い出しました。

画像1枚目が31匹です。1匹他の魚の下に隠れて見えませんが。
2枚目は頭の後ろが赤い2匹です。
3枚目は比較的頭の後ろの低めの浅めの雁首の魚たちです。

理想的な背腰の魚はなかなかいませんね。コンテナで飼育して様子を観ます。
Date: 2006/07/29(土)


ヒント?

いよいよ本格的に選別をしようと思ったのですが、また雨が降り出しました。
今年は数を残していますので大きくはないのですが、褪色は進んでいます。良く観ると池の中では背幅が広く平らに見える魚がチラホラいて掬ってみると、ほとんどが、頭の後ろに瘤(盛り上がり)のある魚や雁首の魚でした。
1枚目の魚は
そんな中比較的綺麗な背をしている魚がいました。頭と背の分かれ目が前のほうなのでどうかな?と思いますが種候補の1匹です。
2枚目は
この魚は会用の候補レベル?禿げも悪くない様に思いますが・・・
今から飼い込んで間に合うか?疑問はありますが。
3枚目以降は???
まァ〜こんな魚もどうなるかって観させていただきます。
Date: 2006/07/24(月)


褪色

転勤が決まってからなかなか世話が出来ていませんが、褪色が進んでいます。

北陸筋の稚魚達ですが大きさは20mm前後で〜す。
が、既に褪色が始まり池の1〜2割が褪色を終えています。
画像は褪色を終えた当歳魚(あまりにも小さいので気が引けますが)で〜す。黒い1匹は尾が小振りなので楽しみです。

やっと選別が出来るようになった?まず白から撥ねるとしようか。
Date: 2006/07/23(日)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4]
スペース区切りで複数指定可能 OR  AND

**とととも掲示場にもどる**
**私のホームページ(龍成荘)はこちらです**
003054
[TOP]
shiromuku(u3)DIARY version 1.51